スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる言葉

ども、生きています。渡会です。

ここ最近、ふと疑問に思った言葉が。
「異常気象」
ゲリラ豪雨や竜巻、雹なんかが降ると使われてますよね。
この言葉なんですが、異常、って文言があるって事は素は「正常」があるって事ですよね?
じゃ、その「正常気象」ってなんだろうって思ったんですよ。
調べてみる…出てくるわけありませんよね。
だって「この時期ならこういう天気が普通だろ?」っていう言葉みたいですから。
で、気象庁のページで過去の気象を調べてみると──毎年ありそうな感じでした。
例えば、1979年の東京は梅雨の時期である5月~6月日照時間が通年で一番長い=5,6月に晴ればかりとか。
地球温暖化が原因だとスメディアは未だに叫んでいますが、
ほぼ毎年何かしらの「異常気象」が発生しているとなると、
なんかそういうこともあるのが「日本の正常な気象」って思えてなりません。
単に、ここ最近起きてなかったから「異常」だとマスメディアは言いたいだけなんかじゃないか、
あるいは、言葉を考えた人から見ればここ最近の気象は「異常」だから何でしょうかね。

天候ってのは急に荒れるので起きた瞬間から備えに入るのは出来ませんからね。
他の地域で起きたことは自分の地域でも起きるものだと構えて、備えることが必要ですね。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【気になる言葉】

ども、生きています。渡会です。ここ最近、ふと疑問に思った言葉が。「異常気象」ゲリラ豪雨や竜巻、雹なんかが降ると使われてますよね。この言葉なんですが、異常、って文言があるって事は素は「正常」があるって事ですよね?じゃ、その「正常気象」ってなんだろうって思...

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新トラックバック
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。